葬儀は行う立場だけではない。参列する際のマナーも知ろう①

「千葉 葬儀」の事に関する情報サイトです。
急な葬儀で困らないように参列時のマナーは知っておくことが重要です。お通夜の時と葬儀の時では服装のマナーが少し異なります。

葬儀は行う立場だけではない。参列する際のマナーも知ろう①

もし千葉に住んでいる親族や友人・知人、会社関係の人が亡くなったら、葬儀は千葉で行われます。

もし、首都圏に住んでいるのでしたら葬儀に参列するのが常識です。

人の死はいつになるか予想はできません。

急な葬儀で困らないように参列時のマナーは知っておくことが重要です。

【服装のマナー】

お通夜の時と葬儀の時では服装のマナーが少し異なります。

お通夜の時は、平服で訪れるのが現代のマナーです。

普段仕事をしている人が喪服を着ていたら却って失礼に思われるふしもあるようです。

夏場にジャケットを着ていない場合でも、その旨を伝えれば失礼にはあたりません。

とはいえ、余りにもカジュアルなのもよくありませんので、靴下やネクタイを黒にするぐらいの配慮は必要です。

告別式では打って変わってきちんとした服装が求められます。

男性はダブルのブラックスーツ一択です。

シャツとハンカチは白の無地で、ネクタイや靴下・靴は黒で揃えましょう。

女性は黒のスーツ・ワンピースを着用します。

必ずストッキングを履き、靴は低いヒールのものを用意しましょう。

アクセサリーはパールのネックレス程度にとどめ、結婚指輪以外はNGです。

◎お子さんの服装についてはこちら…お通夜に参列するとき子どもに着せる洋服のマナーがわからない!何を着せる?どこで買えばいい? | ママスタセレクト

【お通夜のマナー】

お通夜は故人が亡くなってすぐに行われるため、ご遺族も心痛と対応に追われ慌ただしく過ごしています。

長々と話しかけず、挨拶だけして焼香を済ませます。

ご遺体との対面は勧められても断るのが筋です。

また、通夜振る舞いに誘われたら断らず、多忙であっても一口だけいただくのがマナーです。

Copyright (C) まるっと千葉の葬儀の問題解明しました. All Rights Reserved.